Nodoka Hashimoto

2018年カナダ・トロントで医療英語クラスのDiploma取得。一般英語/医療英語の勉強に励む看護師(RN)の日々のブログ

   ☞Top      ☞Profile      ✉Mail

医療英語を学ぶ上で知っておきたいこと

医療英語を学ぶ上で、接頭語(prefix)と接尾語(suffix)はとても大切です。

 

例えば、suffix:-itis

炎症(imflammation)という意味があります。

この意味を知っているだけで、英語で今まで聞いたことのない病名を聞いたとしても、

どういう意味が予想できる場合があります。

 

 

例えば

meningitis

sinusitis

arthritis

cellulitis

myositis

otitis

endocarditis

nephritis

bronchitis

cystitis

 

今ふっと思い出すだけでもこれだけの単語の語尾が同じで、全ての単語がどこか身体の部位での炎症imflammationを表すのです。

 

髄膜がmeningesということさえ知っていれば、

meningitisは髄膜炎だということが予想できるのです。

 

meningitis: imflammation of meninges

sinusitis: imflammation of sinus

arthritis: imflammation of joints

cellulitis: imflammation of skin

myositis: imflammation of muscle

otitis: imflammation of ear

endocarditis: imflammation of endocardial

nephritis: imflammation of kidney[nephron]

bronchitis: imflammation of bronchi

cystitis: imflammation of cystic[bladder]

 

といった具合です。

ただし、これらは専門用語であるため、例え相手がネイティブでも理解できない場合があります。(カナダ生まれカナダ育ちの友達にmeningitisってわかる?って聞いたらわからないって言ってました)

 

おそらくarthritisやcystitis等、身近な病気はほとんどの人に理解してもらえると思いますが。。

 

 

学校行って来ます!